レンタル倉庫を安く借りたい

自宅にものがあふれていやになることありませんか?

 

もっと収納スペースがあったらいいなぁと思うことってありますよね。

 

困る男性

 

僕は2人目の子どもが産まれて、自宅のマンションがせまく感じられるようになりました。

 

子どものおもちゃ、ベビーベッド、気づくと増えている奥さんの洋服(+_+)

 

家具や家電も子どもの成長に合わせて買いそろえるし、自分の趣味の道具とか。

おもちゃで遊ぶ赤ちゃん

もっと広い所に引っ越すのはもうちょっと先になるだろうし、思い切ってレンタル倉庫にでも荷物を預けてみようかと思いました。

 

でもあまり費用はかけられない。だったらできるだけ安いところを借りようと色々と調べました。

 

もし僕と同じような悩みをもってる人がいましたら、レンタル倉庫を借りる参考にしてみてください。

レンタル倉庫・トランクルームの種類

必要だけどしまう所がないとか、趣味のコレクションを保管したりとか、例えば海外出張で1年だけ家具などを預けたいとか、レンタル倉庫の使い方はひとそれぞれだと思います。

 

あ、ちなみに僕は「レンタル倉庫」と何となく言っていますが、正しくは「トランクルーム」とか「レンタル収納スペース」と言うらしいです。

 

解説する男性

 

厳密にいうと違うらしいのですが、一般的には区別はあまりはっきりしていない印象で、総じて『トランクルーム』と言われているようです。(ページの最後に説明をのせてます。

 

ですので、このページでは「トランクルーム」とか「レンタル倉庫」と言いますね。

 

トランクルームは大きく分けて3種類になります。各会社によって多少の名称のちがいはあります。また、ほとんどの所で個人でも法人・団体でも使えます。

 

1.屋内型トランクルーム

屋内型トランクルーム

ビルなどの建物の中に壁で仕切られたスペースがあって、その中に荷物を保管します。空調やセキュリティー対策がしっかりしている所が多いので、大切なものを保管したり、防犯上女性におすすめです。

 

2.屋外型トランクルーム(コンテナ)

屋外型トランクルーム

野外にコンテナを置いて、その中に荷物を収納します。車で運べる大きな家具や建築工具などの保管がおすすめです。

 

3.バイクコンテナ

バイクボックス

オートバイを収納するのに適したコンテナで、シャッターがあることが多いので、雨風からバイクを守り、盗難防止の役割も果たします。

 

何を収納したいかで1〜3のどれにするかを決めるといいと思います。

レンタル倉庫・トランクルームを借りる費用

では、実際トランクルームを借りるのにどれくらいの費用がかかるのでしょうか?

 

お金

 

かかる費用としては、基本的には月額利用料初期費用があります。

 

初期費用の中には、事務手数料保証金管理費保険料敷金礼金などがあります。

 

他に更新の際に更新料、契約を解約する時に解約費などもかかることもあります。

おすすめのレンタル倉庫・トランクルーム

では、具体的に全国展開をしている大手3社を中心に料金の比較をしてみましょう。

 

今回は、以下の『ハローストレージ』、『キュラーズ』、『加瀬のレンタルボックス』を取り上げました。3社とも全国的に店舗数も多く、口コミでも評判が良いので、安心して使えると思います。

 

チェック トランクルーム業界物件数No.1の『ハローストレージ』

 

ハローストレージ

  • 全国82,000室以上
  • 屋内型トランクルームと屋外型トランクルームを選べる
  • 高品質なプレミアムシリーズ展開中
  • セコムまたはALSOKの2重ロックで24時間使用可能

>>『ハローストレージ』の公式サイトはこちら

 

チェック 最新型トランクルームの『キュラーズ』

 

  • オリコン顧客満足度ランキング総合1位獲得!
  • 全店舗に最新の空調システムを導入
  • 最新のセキュリティシステム
  • 専門スタッフが常駐

>>『キュラーズ』の公式サイトはこちら

 

チェック 全国1,300ヶ所、65,000室以上を展開『加瀬のレンタルボックス』

 

加瀬倉庫

  • トランクルーム、レンタルボックス、バイクヤード、ガレージ倉庫が充実
  • 手続きラクラクネット予約あり
  • 格安物件も多い
  • 運搬サービスあり

>>『加瀬のレンタルボックス』の公式サイトはこちら

 

以上の3社を

  • 「1.月額利用料」
  • 「2.初期費用」
  • 「3・その他サービス」

で比較してみましょう。

月額利用料(価格は税込)

◆月額利用料は全国一律ではなく、地域やトランクルームの設備等によって異なりますので、ひとつのエリアを例にとって比べてみることにしました。

 

◆僕は中央線沿線に住んでいるので、馴染みのある東京都杉並区にある屋内型の1帖トランクルームの3社の最安値で比べてみました。
時期によってキャンペーン内容は変わりますので、最新の情報は各公式サイトでご確認ください。

加瀬のレンタルボックス杉並区上高井戸

東京都杉並区上高井戸1-23-11 明和ビル地下1階
月額利用料(1帖):6,480円
現在、4ヶ月間50%OFFキャンペーン中で、3,240円

 

ハローストレージ杉並方南町パート2

東京都杉並区方南2丁目4-6
月額利用料(1帖):9,100円
現在、3ヶ月半額キャンペーン中で、4,550円
月額管理費:2,160円(一律)
合計:6,710円

 

キュラーズ阿佐ヶ谷店

東京都杉並区阿佐ヶ谷北6-1-6
月額利用料(1帖:)17,928円
現在、3ヶ月間30%OFFキャンペーン中で、12,549円

月額利用料が安いレンタル倉庫・トランクルームの結果

この地域での最安値は、加瀬のレンタルボックスになりました。3,000円ちょっとで借りられるってすごいですね。もちろん、他の地域ではまた違う結果になることもあると思います。ただ、全国的に見ても加瀬のレンタルボックスとハローストレージは月額利用料は安いように思います。特に地方は1,000円台で借りられるレンタル倉庫やトランクルームがあります。キュラーズは最新の設備やスタッフ常駐の関係で金額的には少し高めになっているようです。

初期費用(価格は税込・月初1日に申込みの場合)

◆分かりやすいように、1ヶ月10,000円のサイズを月初1日に申込んだ場合を想定し、最安値を出しました。

キュラーズ

当月使用料:10,800円
セキュリティカード代:2,484円
合計:13,284円

 

加瀬のレンタルボックス

当月使用料:10,000円
翌月使用料:10,000円
共益費:一律2,160円
事務手数料:一律5,400円
合計:27,560円

 

ハローストレージ

当月使用料:10,000円
翌月使用料:10,000円
月額管理費(2,160円)x2ヶ月分:4,320円
事務手数料(使用料の1ヶ月分):10,000円
鍵代(屋内型):2,940円
セキュリティ登録料(屋内型):1,080円
安心保証パック:540円
合計:38,880円
(他に更新月に更新料として使用料の0.5ヵ月分あり)

初期費用が安いレンタル倉庫・トランクルームの結果

初期費用はキュラーズがかなり安いですね。自社ビル所有のため、敷金・礼金・更新料や解約費なども一切かからないのは魅力的です。

その他のサービス

◆サービスについては、数値化できませんでしたので、ホームページの情報や口コミなどを参考にサービスの評価をしました。

ハローストレージ
  • トランクルーム業界物件数No.1で全国に展開
  • 屋内型と屋外型がある
  • セコムまたはALSOKの2重ロック(屋内)
  • 各種サイズをリーズナブルにレンタル
  • 高品質なプレミアムシリーズ展開中
  • 防犯カメラ設置

 

キュラーズ
  • ビル全体がキュラーズ
  • 最新のセキュリティシステム
  • 店舗スタッフ常駐
  • 1ヶ月からの短期利用もOK
  • 徹底した湿度管理でカビを抑制
  • 無料駐車場完備

 

加瀬のレンタルボックス
  • レンタルボックス(屋外)、トランクルーム(屋内)、バイクヤード(屋外・屋内)、ガレージ倉庫(屋内)と種類が豊富
  • 店舗が多く、格安物件が多い
  • 屋内の全物件に台車を用意
  • バイク用スロープを無料貸し出し

サービスが充実のレンタル倉庫・トランクルームの結果

ハローストレージは、トランクルーム業界物件数No.1が魅力です。レンタル倉庫やトランクルームを借りたい時に、近くにあるということは大事です。また、ハローストレージのプレミアムシリーズは首都圏を中心に展開されていて、清潔な新築トランクルームとして注目です。個人的には、キュラーズの最新のセキュリティシステムは魅力でしたが、もう少し店舗が増えるといいなと思います。

安いレンタル倉庫・トランクルームのまとめ

今回色々と調べてみて、改めて各トランクルームやレンタル倉庫に料金やサービスの違いがあることが分かりました。

 

月額利用料をみると『ハローストレージ』や『加瀬のレンタルボックス』は格安な店舗が多くありました。

 

ただし、『ハローストレージ』は初期費用が高めなので、最初に支払うお金をちゃんと用意しておいた方がよいですね。

 

逆に『キュラーズ』は、初期費用が安く、スタートとしては使いやすいと思います。また設備が充実している分、月額利用料はやや高めですが、女性も安心して利用しやすそうですね。ただ、店舗数がまだあまり多くはないので、これから増えていってほしいと思っています。

 

その点では、全国的に店舗数が多い『ハローストレージ』は屋内と屋外両方のトランクルームがあるので、用途に応じて近くの店舗を探せそうです。

 

家族

 

これからレンタル倉庫やトランクルームを探される方は、

  • どんな用途で何をどこに収納するのか
  • 予算はどれくらいなのか
  • 出し入れの頻度はどれくらいなのか

などを考えて探されるといいと思います。

 

改めて、紹介した3社とその他のトランクルーム会社の公式ホームページをのせておきますね。最新の情報や詳細はこちらで確認してみてください。

 

チェック トランクルーム業界物件数No.1の『ハローストレージ』

 

ハローストレージ

  • 全国82,000室以上
  • 屋内型トランクルームと屋外型トランクルームを選べる
  • 高品質なプレミアムシリーズ展開中
  • セコムまたはALSOKの2重ロックで24時間使用可能

>>『ハローストレージ』の公式サイトはこちら

 

チェック 最新型トランクルームの『キュラーズ』

 

  • オリコン顧客満足度ランキング総合1位獲得!
  • 全店舗に最新の空調システムを導入
  • 最新のセキュリティシステム
  • 専門スタッフが常駐

>>『キュラーズ』の公式サイトはこちら

 

チェック 全国1,300ヶ所、65,000室以上を展開『加瀬のレンタルボックス』

 

加瀬倉庫

  • トランクルーム、レンタルボックス、バイクヤード、ガレージ倉庫が充実
  • 手続きラクラクネット予約あり
  • 格安物件も多い
  • 運搬サービスあり

>>『加瀬のレンタルボックス』の公式サイトはこちら

 

チェック 『スペースプラス』

 

  • 屋内型トランクルームと屋外型トランクルームが充実
  • 運搬オプション:運転手付きレンタルトラック「レントラ便」あり

>>『スペースプラス』の公式サイトはこちら

 

チェック 『ドッとあ〜るコンテナ』

 

  • 屋内型トランクルームと屋外型トランクルームが充実
  • 首都圏を中心に全国拡大中

>>『ドッとあ〜るコンテナ』の公式サイトはこちら

 

 

 

トランクルームとレンタル収納スペースのちがい

 

厳密にいうと…

  • トランクルーム」は、国土交通大臣の登録がある倉庫業者が運営し、荷物の出し入れは業者・もしくは業者の付き添いがないとできません。ちょっと不便ですが、管理や警備がしっかりとしていると言えますね。
  •  

  • レンタル収納スペース」は、不動産賃貸業者が運営していて特に登録の必要はありません。スタッフが常駐していない場合が多く、警備の面でやや心配なところもあるかもしれませんが、荷物の出し入れは利用者が24時間自由にできるので自由度が高いです。

ただ、一般的には区別はあまりはっきりしていない印象で、総じて『トランクルーム』と言われているようです。